大雨ワークショップ開催しました

気象庁は、市民の継続的な防災意識向上を目指し、コミュニケーションを 重視した学習手法に注目し、2013年度に「気象庁ワークショップ『経験した ことのない大雨 その時どうする?』という学習プログラムを開発、2014年6 月に公開しました。
志木ニュータウン所在の自主防災会の要請により、 2019年度は、埼玉県防 災士会・日本気象予報士会埼玉支部共催で、気象庁ワークショップを2回実 施しました。
https://saitamaken-bousaishi.jp/wp-content/uploads/2020/11/5edc1ee80d05dc5597f2c87223e4c4d5.pdf

前の記事

理事会を開催します